PLAYER ON-LINE HOME > Player Move On
moveon09.gif

11月15日到着分までの「HR/HM系」応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開していく“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 09」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2010年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定も有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。
そして「Move On 09」ブログではみなさんからの応募作品のURLをアップするなど応募状況をご報告していきます。なお「Move On 09」の具体的な内容に関しては「MOVE ONとは?」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料です。

今週のMoveOnブログは11月15日(日)到着分までの「HR/HM系」応募作品を御紹介します。
また君に恋してる「心情」
matakoi.jpg
http://www.myspace.com/matakimini

浅学ゆえか、少なくとも私の知る限りでこんなバンドは他に知らなかったし、今後知る予定も無さそう。男女ツイン・ヴォーカルにツイン・ギター、ヴァイオリンとチェロを擁する9人編成のバンドがまた君に恋してる。バンド名から“この部門に応募してきたのは間違ったのかな?”と思い再生、紛れも無くハードでヘヴィであった。イントロは3分にも及ぶがそれもその筈、今回の応募曲「心情」は25分にも渡る大曲なのである。深く暗い森を分け入るかのようなストリングスとアコギの音がひとしきり、恐怖と快楽が綯い交ぜになったその音に心酔するや否や、突如ディストーションが闇を劈き、美しい女声ヴォーカルとスリップノットよろしくのデス声がノンストップの波状攻撃を仕掛ける。11分20秒〜と17分00秒〜、21分40秒〜の3ヶ所に配されたギター・ソロも技巧派であり詩情に満ち溢れ本気で泣かせる。Myspace上には6分にまとめられたストリングスverもアップされているが、超ド級の劇的展開にカタルシスを覚えたければ決め撃ちで25分verをお薦めしたい。バンド結成の経緯や一人一人の系譜とする音楽等聴きたいことは山積みながらも、そんな情報抜きでただただ音にのみ身を委ねたい気分でもある。曲を次々に量産するタイプでないことは重々承知だが個人的にこれだけ新曲が楽しみはバンドはメジャーにもそうはいない。文句無しで2010年1月号のMonthly Champに決定!!
ZERO GRAVITY 「The Ground Suite」
zero.jpg
http://www.myspace.com/zerogravityorijinal

関西を中心に活動するプログレ・メタルバンド、ゼロ・グラヴィティ。表題曲の「ザ・グラウンド・サイト」は、「プルセーション」、「ラメンテーション」、「エヴォリューション」からなる3部構成の楽曲となっており、アグレシッヴなメタルの要素にプログレッシブ的な展開が加わった、壮大なスケール感を具現化した仕上がり。とにかく攻撃的なサウンドと確かなテクニックを擁しているバンドで、細かいリズムのキメとドラムのスピーディなタムロールが刺激的な「プルセーション」のスリリングなサウンドを筆頭に、テンションコードが効いたアルペジオのイントロから始まる「ラメンテーション」の雄大なストーリー性、ドリームシアター以降のネオ・プログレシッブ的なインストセクションを持つ「エヴォリューション」のキレのあるリフの応酬など、独創性にあふれたサウンドスケイプが体感できる。
ROZA BLUE「ANASTASIA」
rozablue.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=EM4bc_Tbdwg

「Broken Hands」と2曲応募してくれたROZA BLUE。
ピアノとヴォーカルのミニマルな構成でありながらどこまでもデカダンで美しい幻想譚を聴かせてくれるストーリーテラー、ROZA BLUEの楽曲。今回応募していただいた「Anastasia」というタイトルには復活や再生といった意味があるそうだが確かに僅か6分間の音世界に逆再生で蘇る西洋の廃墟とそこに住む貴族の様子が垣間見えた(あくまで超個人的意見)。彼女の年齢や音楽変遷等の詳細は不明だがこのまま謎のベールに包まれていて欲しいとは失言だろうか。さらに「ロック・バンド仕様時にはリズムなどを工夫しスパニッシュ・ロマンチック・メタルにしたい」とは彼女の談。音源化の際は是非ともご応募頂きたい。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
なおMove On 2009の応募受付は1月応募分までです。2月2日発売Player3月号までの応募分の中から年間チャンプ・バンド、アーティストを選出しますのでお楽しみに。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。