PLAYER ON-LINE HOME > Player Move On
moveon09.gif

1月31日到着分までの「INST系」応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」との連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 09」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2010年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定も有!バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。
そして「Move On 09」ブログではみなさんからの応募作品のURLをアップするなど応募状況をご報告していきます。「Move On 09」の具体的な内容に関しては「MOVE ONとは?」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。なお応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。会員登録やご利用は無料ですのでぜひ御協力のほうよろしくお願いいたします。

今週のMoveOnブログは1月31日到着分までの「INST系」応募作品を御紹介します。
D_Drive「Lost Block」
http://www.youtube.com/watch?v=qCryjkEX5Uc

ddrive_100131.jpg
これまでは1stアルバム『Something to Drink?』収録曲からのエントリーであったが今回はアルバム未収録(新曲なのだろうか?)「Lost Block」のライブ映像を届けてくれた。やはりこれまで通り、インストの中にも確固たるメッセージ性を孕んでいるのがD_DriveがBGMには成り得ない所以だ。Seiji(g)本人が「鎖された壁を取っ払う事によって訪れる幸せや可能性、ベルリンの壁崩壊をイメージして作曲した」と語る今曲は勿論Yuki(g)とSeijiのツイン・ギターによるハモりは随所で炸裂し、高揚は抑えられない。が、今回はとりわけてShimataro(b)とChiiko(d)の神がかったリズム・セクションに心を揺さぶられた(後半は特に聴き所)。D_Driveの楽曲の中でも起伏の凄まじい1曲に関わらず尚、統合性を失わないのは各々が楽曲の持つストーリーをしっかりと理解、解釈してプレイしてるからなんだろうなあ。頻繁にライブが観れる関西の人が羨ましい!
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
現在はMove On 2010の応募を受付しております。2010年度は2011年3月2日発売Player4月号までの応募分の中から年間チャンプ・バンド、アーティストを選出しますのでお楽しみに。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。