PLAYER ON-LINE HOME > Player Move On
moveon09.gif

2010年2月7日到着分までの「ROCK/POPS系」応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 09」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2010年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定も有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。

そして「Move On 09」ブログではみなさんからの応募作品のURLをアップするなど応募状況をご報告していきます。なお「Move On 09」の具体的な内容に関しては「MOVE ONとは?」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料です。

今回のMoveOnブログは2010年2月7日到着分までの「ROCK/POPS系」応募作品を御紹介します。
サムライチョッパーズ「我君を想ふ」
http://www.myspace.com/samuraichoppers

samurai-1.jpg
“和”の精神の下、ゴリゴリのミクスチャー・サウンドで聴かせるサムライチョッパーズ屈指のバラード・ナンバーが「我君を想ふ」。前回エントリーして頂いた「侍手刀図」がライブでの幕開けに相応しい曲だとするならば、今曲はラストを飾るにピッタリといった趣。大々的にストリングスをフィーチャーし、韻を踏むことよりもメッセージ性を重視したリリックが囁くように優しいヴォーカルにより紡がれる。今年から開始されたアコースティック・セットによるストリート・ライブでも演奏され、どんなアレンジでも光る良質なメロディは鼓膜にスッと染み入る分、切実な言葉に胸を打たれる。一時期と比べると元気の無いミクスチャー・ロック界の救世主となり得る、確固たる思想と裏打ちされた技巧が光るバンドであることを見せつけてくれた。近日リリース予定の2ndデモ『稲妻』も全曲サムライズムに溢れているぞ!
M-Kiy「Hold Me Tight」
http://www.myspace.com/mkiykino

mkiy.jpg
アコースティック・デュオにも関わらず、マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」などを容易くカバーしてしまう大阪拠点の、M-Kiy。それもそのはず森岡保次(g,vo)と木下勲(b)の2人は菅沼孝三と共に音楽活動を行っていた時期もある超実力派(なんと森岡は高校時代にラウドネス山下昌良ともバンドを組んでいた!)。今回のエントリー曲「Hold Me Tight」は冒頭から木下のベース・ソロが得も言われぬムードを醸し出し、それと絡み合うようにして入ってくる森岡の歌声は幾多のバンドで培われてきた艶やかな質感を誇る。ドラマーとしてのキャリアも持つ木下独特のタイム感、森岡のギターもひたすらに実直で、技巧に頼らない歌ものユニットであることを見せ付けたM-Kiyの代表曲と言えるだろう。春に完成予定の1stアルバムも非常に楽しみである。
フレデリック「ヒツジのうた」
http://www.myspace.com/rodeo5571

fr.jpg
関西を拠点に活動するフレデリックは三原健司(vo,g)と康司(b,Cho)の双子が奏でるハーモニーが魅力の平均年齢20歳の4人組。エントリー曲「シマウマ」はエスプリの効いた歌詞とキャッチーな歌メロが刺さる名曲ではあったが、残念ながらフルでの視聴が不可だったため、隆児(g)の無邪気でありながら、鋭くポイントを突くプレイとKaz(ds)の軽快でグルーヴィーなリズムが心地良い「ヒツジのうた」をプッシュ。敬愛するAPOGEEのファンシーな空気を漂わせつつも、音から滲み出す瑞々しい若さとCメロからサビへの流れには非凡な才能を感じさせる。あらゆる事象を動物に例える巧さも“フレデリック節”と呼べそうな武器。前身バンドの結成から数えても2年弱に関わらずガガガSPのオープニング・アクトに抜擢されたことも頷ける。
radialrays「ゆらゆら」
http://www.youtube.com/watch?v=itvyNFfLza4

railways.jpg
 観て、聴いて楽しめる5人編成のエンタメ・バンド、ラディアルレイズ。鮮烈なキャラを誇るパフォーマー、大場克己がいることや、ぶっ飛んだジャケ写は魅力である反面、そこに敬遠してしまう方もいるかもしれない。が、目を閉じて聴いてみるとデジタル・サウンドを基盤にした楽曲は独自の世界観を構築している。エントリー曲「ゆらゆら」はその最たる例と言っても良い。きたがわゆうじ(vo)がプログラミングを手がけた、曲を象徴した揺らめく旋律を桜井豊晃(g)の鋭いカッティングが劈く。最近のライブでは幕開けを飾る1曲目に演奏されることも納得の並外れた先鋭性を秘めた代表曲。都内を中心としながらも全国各地でライブも行っているので是非、彼らの真髄であるステージングをその身で体感しよう!
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください!引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
現在はMove On 2010の応募を受付しております。2010年度は2011年3月2日発売Player4月号までの応募分の中から年間チャンプ・バンド、アーティストを選出しますのでお楽しみに。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。