PLAYER ON-LINE HOME > Player Move On
moveon09.gif

2月21日到着分までの「HR/HM系」応募作品を御紹介

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開していく“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 09」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2010年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定も有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。
そして「Move On 09」ブログではみなさんからの応募作品のURLをアップするなど応募状況をご報告していきます。なお「Move On 09」の具体的な内容に関しては「MOVE ONとは?」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料です。
今週のMoveOnブログは2月21日(日)到着分までの「HR/HM系」応募作品を御紹介します。
Veritas Conc.75「Whiteout」
http://www.myspace.com/veritasconc75

ver.jpg
おそらく本コーナー初となるアメリカ人ドラマーを擁した3ピース、ベリタス・コンク・75。幾度かのメンバー・チェンジを経て、昨年Daijiro(b)とスティーブ(ds)の鉄壁リズム・セクションを迎えて現ラインナップに落ち着いた。エントリー曲「Whiteout」は過去の楽曲を現メンバーで再録したシンプルでストレートなナンバー。ファイヤーバードをメインで使用するAkinori(vo,g)はフロントマンとして存在感バッチリの風貌でブルージーなリフを繰り出す。その他にもレッド・ツェッペリンやジョニー・ウィンターへのリスペクトは楽曲の随所で確認することができ、1分に渡るギター・ソロも60年代の香りが満載で聴き応え十分。終始、音の狭間を縫うベース・ラインも堪らなく気持ち良い。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
現在はMove On 2010の応募を受付しております。2010年度は2011年3月2日発売Player4月号までの応募分の中から年間チャンプ・バンド、アーティストを選出しますのでお楽しみに。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。