PLAYER ON-LINE HOME > Player Move On
moveon09.gif

MoveOn特別編:デューセンバーグ

MoveOn特別編:デューセンバーグ

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開している“新感覚のアマバンぷちコンテスト”が「Move On 09」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2010年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定も有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。
そして「Move On 09」ブログではみなさんからの応募作品のURLをアップするなど応募状況をご報告していきます。なお「Move On 09」の具体的な内容に関しては「MOVE ONとは?」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料です。

今回のMoveOnブログは特別編! デューセンバーグをご紹介します。
デューセンバーグ「It's all right」
http://www.myspace.com/duesenbergtokyo

du.jpg

今でこそ月刊『Player』で働き、なんだかんだで二十年以上勤務している。僕にとって“ギョーカイ”の入り口になったのは、1970年代後半から80年代初頭にNHK横浜放送局のヨコエフという番組で(ボランティアとして)お手伝いをしていたことに始まる。

お手伝いとは番組の看板コーナーである会場リクエスト(スタジオに集まった人からリクエストを取り、その曲を次の曲として放送する離れ業)のレコード探しや公開ライブの搬出入手伝いなどである。ボランティアなので当然、無給だが、のちに『Player』で働くために必要な音楽知識や楽器の知識、人との交わり方など様々な社会勉強をさせてもらった。

そして、その公開ライブでは貴重なライブを数々見た。久保田早紀、遠藤賢司、ヒカシュー、ジューシー・フルーツ、アナーキー、山本翔、PRISM、BOWWOW、ジョージ紫&マリナー、5X…当時の日本の音楽シーンを彩るゲスト達である。その中で、ひとつだけ異質なバンドがあった、それが今回のDuesenberg(デューセンバーグ)である。

この公開番組の出演交渉はNHK横浜放送局の局アナで番組プロデューサーを兼ねるF氏が行なっており、「番組リクエストの人気バンドといえば“パープル、イエス、ツェッペリン”の“ヨコエフ三大バンド”だが、彼らを出演させることは不可能。でも、ツェッペリンのコピーで評判のバンドなら・・・」と考えていた。(その相談をF氏から当時一番若かった僕に相談されたので今も経緯を記憶している。)その時、F氏の心にあったのが今回のDuesenberg だったのだ。

今でこそ「トリビュート・バンド」という言葉も生まれ、人気となっているが、DuesenbergとF氏は時代を先取りしすぎていたのかもしれない。

要するに、のちに歴史に残るバンドに交じって、アマチュアながらヨコエフに出演した(たぶん)唯一のバンドがDuesenbergで、よくあるコピーバンドとは全く格が違う扱いを当時、受けていたバンドなのである。

出演した彼らの30年前の姿を、今でも憶えている。ド迫力の大音量、プロに全くひけをとらない演奏力・・しかし、ヴォーカリストのアクションはどこかコミカル(笑)。

あれから30年の月日が流れ、まさか、このMove-Onで再会するとは誰が思っただろう。

今回の応募は彼らの代表曲である「イッツ・オールライト」。YOU TUBEでの応募なので、彼らの現在の姿を見ることができる。

PCから流れる音は大音量ではないし、髪を振り乱すボーカルの姿もない。しかし、感じさせるロック・スピリットはあの頃のまま。むしろ、演奏の中で時折見せる余裕やハッピーなスマイルは今の方が上だろう。人と人は音楽で繋がれるし、それには時間軸もない、と感じさせられる。

応募曲の他にもZEPの曲などがアップされているので、関連動画も併せて観てほしいところだ。

そして、本格的に活動を再開しており、4月24日(土)新橋ZZ http://www.zzpad.com/ で、午後8時頃から出演予定。ぜひ、大音量で体感してほしい。
プロアマ問わず、ウェブ上に楽曲をアップしているミュージシャンをバックアップする、音楽雑誌Playerのぷちアマバンコンテスト「Move On」。特にアコースティックの弾き語り系ミュージシャンのかた、自信のレパートリーをお聴かせください!引き続き楽曲応募のほうをお待ちしております。よろしくお願いいたします。
現在はMove On 2010の応募を受付しております。2010年度は2011年3月2日発売Player4月号までの応募分の中から年間チャンプ・バンド、アーティストを選出しますのでお楽しみに。

6月3日(水)までに応募受付した楽曲

音楽雑誌Playerが誌面とWEBサイト「Plyer On-Line」連動により展開していく“新感覚のアマバンぷちコンテスト”「Move On 09」。「Rock・Pops系」「Hard Rock・Heavy Metal系」「Acoustic系」「Instrumental系」の4つのカテゴリーによる1ヶ月サイクルのコンテスト内容になっており、2010年3月度分までの応募作品の中から選出した最優秀楽曲を応募してくれたミュージシャンにはインタビュー取材を申し込む予定も有! バンド/ソロ/弾き語りなど音楽性やスタイルに関しては不問。プロ/アマも問いません。自信のレパートリーをぜひぜひ応募してください。応募作品に関してはPlayerスタッフがすべて聴かせていただきます。なお「Move On 09」の具体的な内容に関しては「MOVE ONとは?」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。応募にあたってはPlayer On-Line「バンドメンバー募集」への会員登録が必要となります。 会員登録やご利用は無料です。

そしてこの「Move On 09」ブログではみなさんからの応募作品のURLをアップするなど応募状況をご報告していきます。6月3日(水)までに応募受付した楽曲は下記の通りです。

●「Rock・Pops系」
ぎんじねこ-ginjineko-「MILLION STRIKE」
http://ginjineko.seesaa.net/
曲の詳細は私の下記ブログにアップしております。
http://ameblo.jp/ginjineko/entry-10249893946.html

Super Effort「There Was The Time」
http://www.myspace.com/supereffort
スピリチュアルな詩が明るいポップチューンに乗っています。
精神的漂流者になってしまった友をリアリティーに目覚めさせようと励ます曲です。

ミーバーズ「彼女は魂のサイズに合っていない窮屈な身体を履いている。」
http://www.myspace.com/kcsaito
ちいさすぎるからだにおおきすぎる魂を持つ愛すべき音楽おばかさんのさえずりにさそわれるままにうたい、さそわれるままにはばたこうと
そしてじぶんのなかに見ることのできる絵はいつかのやがてのじぶんだから。というようなうたです。

AirBlue「Drivin\' On A Coastline」
http://www.myspace.com/airblue
1月に発売したアルバムProofの中から、メドレーにした物を公開しています。

Plastic Soul Band「シロクモ・アオソラ」
http://www.myspace.com/plasticsoulband
Plastic Soul Band のライブでのキラーチューンで、ファンに人気の高い曲です。シンプルな R&R ながら、インド風ギターソロ、爆発するサックスソロ、そして岡田響子ののびやかでパワフルな歌が印象的なナンバーです。

BERRYDRUG「雌雄勲章」
http://www.audioleaf.com/berrydrug/
2008.11.11に全国リリースしたフルアルバム“no name”の中でも、特に今回のコンセプトであった「歓楽街歌舞伎町のリアル」を表現した1曲です。

ザ・ドランカーズ「I LOVE HOPPY」
http://www.myspace.com/drunkershigt
埼玉県所沢発酔っ払いオヤジパンクス、ザ・ドランカーズと申します。ホッピー好き過ぎてこんな曲作ってみました。

●「Instrumental」系
Ballad Maker「Long For Love」
http://www.myspace.com/balladmaker
「切ない想い」を歌ったインストです。今回は全編エレアコで弾きました。新しく購入したiMacで初めて制作した曲です。GarageBandオンリーというちょっと無理をしましたが、それでもそこそこ仕上がっていると思います。アマチュアでも、「良いものを作りたい」というハートだけは、プロでいたいと思っています。

YUTAKA「いつかきっと」
http://www.myspace.com/yutakafp
今回は「いつかきっと」というアコギとエレキのみの静かな曲を聴いてください! 前半はアコギのみで、後半は両者の二重奏で演奏してます。他の曲とは違い、速弾きはいっさいありませんが、とにかく感情表現に重点を絞って頑張ってみました。

●「Hard Rock・Heavy Metal」系
wrath「JERRY」
http://www.myspace.com/wrath0880
叫びたい衝動で。

ご応募のほうありがとうございます! なんとなくレギュラー陣(!?)的なバンドが増えてきているようで嬉しいです。これより聴かせていただきます。アコースティック系の応募が寂しいので引き続きお待ちしております。

また誌面展開としては初となる「MOVE ON 09」が、6月2日発売Player7月号P.148-149にて掲載スタート! 誌面のほうはいろいろと試行錯誤していくと思うのですが、息の長いページにしたいと思っておりますので、このMove Onブログ同様にチェックのほうよろしくお願いいたします。

「Move On 09」ブログ準備号

音楽雑誌PlayerのWEBサイト「Plyer On-Line」連動による“新感覚のアマバンぷちコンテスト”「Move On 09」。この「Move On 09」ブログではみなさんからの応募作品のURLをアップするなど応募状況をご報告するとともに、印象に残った楽曲に関しても積極的に紹介していきます。「Move On 09」の具体的な内容に関しては「MOVE ONとは?」、また応募要項に関しては「応募について」をご覧ください。

応募楽曲には4つのカテゴリーが用意されており、各カテゴリー毎に1ヶ月のサイクルになっています。
●「Rock・Pops系」第1週の日曜日まで
●「Hard Rock・Heavy Metal系」第2週の日曜日まで
●「Acoustic系」第3週の日曜日まで
●「Instrumental系」第4週の日曜日まで
各週の応募締切は日曜日までに届いたものを対象とし、それ以後に届いたものは翌月の同一カテゴリーへ振り替えます。毎月具体的な締め切り日に関してはその都度MoveOnブログにて告知します。

そして応募された楽曲については毎週「Move On 09」ブログにてご報告していくと同時に、優秀作品に関しては積極的にご紹介していきます。
●「Rock・Pops系」第1週
●「Hard Rock・Heavy Metal系」第2週
●「Acoustic系」第3週
●「Instrumental系」第4週

今回はまず準備号ということで「Rock・Pops系」で1作品をご紹介。
赤間 久之(テレニティ)「きみの名前」
http://www.myspace.com/akamahisayuki

テレニティはソングライティングを手がける赤間久之(vo,ag)、そして浅子勝也(pf,cho)によるデュオ。「きみの名前」は印象的なピアノで始まるミディアムスローのナンバーです。ストリングスシンセやアコギのストロークを絡めた丁寧なアレンジと、やわらかなヴォーカルとハーモニーに揺るぎないMORスタンスを感じつつも、随所で聴こえる独特なコードヴォイシングが妙に胸にひっかかるのが肝。とりわけサビ前のパワフルなヴォーカルが印象的でした。「きみの名前」は現在発売中の1stミニアルバム『プレゼント』にも収録されているようです。最近は埼玉県大宮駅前などでストリートライブも行なっているようなので、ポップファンならばぜひチェックのほどを。

と、こんな感じで「Move On 09」ブログ上でも毎週数作品をご紹介していきますのでお楽しみに! (※上記は紹介例です)
引き続きみなさんからのホットな楽曲応募を心からお待ちしております(^^)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。